憧れの二重まぶたを品川美容外科福岡院で手に入れる

埋没法を受ける流れ

予約をする

埋没法を受けて二重にするには、まず予約をする必要があります。とても人気のある施術なので、いきなり訪れても手術ができないことも多いので、事前予約は必ず行ないましょう。モニターを受け付けている場合もあります。

カウンセリングを受ける

まぶたの状態によっては、埋没法でできる二重にも限りがありますので、カウンセリングで医師と相談しながら自分に合う仕上がりを決定していくことになります。カウンセリングの際は二重の幅も変えて色々試してくれます。

手術前に麻酔をする

いきなりまぶたに糸を縫い付けると痛いので、麻酔注射をすることになります。しかし、そのまぶたへの麻酔注射も痛いので、マスクで笑気麻酔をかけ、痛くないようにしてくれます。注射のときは少し痛みを感じてしまいます。

マーキングをする

麻酔が効くまでの間、医師はまぶたにマーキングをします。これに沿って埋没法を施していくのです。二重の幅は、少し慣れてくると狭くなるので、カウンセリングのときにも少し広めに幅をとることになります。

手術は15分程度

埋没法の手術時間はとても短いことで有名です。すぐに手術が終わるので、入院する必要もありません。痛みが起こる可能性もあるので、痛み止めを処方してくれますが、ほとんどの場合手術翌日にまで痛みが長引くことはありません。

二重まぶたの施術を受ける

まぶたが腫れぼったい

日本人の顔は前面が広いといわれています。このことは、眉の上の骨と目の間の部分がほとんど凹凸がないということを示します。そうなるとどうなるのかというと、まぶたに脂肪の量が多い場合は折りたたまれにくくなり、一重になりやすくなってしまうのです。

メスを入れない

まぶたに対するコンプレックスをなくしたいという要望が多いため、品川美容外科福岡院のような美容クリニックでは、二重まぶたにする美容整形が多いです。そのため、体験談なども多く公開されているので、参考にしてコンプレックスをなくしていきましょう。

コンプレックスの弊害

顔や見た目に関するコンプレックスは、案外大きな弊害をもたらしてしまいます。
例えば、
「一重だと睨んでいるように見える」と言われたり、
「眠いの?」「就職に不利になる」と言われたりして悩みが大きくなってしまうのです。
そうすると人の行動範囲は狭くなってしまいます。顔で特に目は印象的な部分なので、素早く解決できるならしてしまった方が良いのです。

アイプチは効果があるけど…

メイクアップ術でも二重まぶたにすることはできます。実際、アイプチをし続けてまぶたに二重が癖づいていたという人も多いのです。しかし、まぶたに脂肪がたくさんある人にとってはこれは困難なことです。

切開法も検討する

埋没法というプチ整形手術なら、まぶたに簡単に二重が作れます。品川美容外科福岡院では、この埋没法が人気施術の一つとなっているのです。しかし、まぶたに脂肪が多い人は、切開法でなければ二重が作れないということもあるので、しっかりカウンセリングを受けて相談しましょう。

広告募集中